【目指せ撲滅】煽り運転を亡くすために社会で取り組してむべき

あおり運転を撲滅したい

煽り運転を撲滅するためには、痴漢や電車の暴力行為と同様に「煽り運転をした人物の末路」という内容で煽り運転はこれほど割に合わない行動だということを世の中に知らしめる必要があります。
煽り運転をする人間は、「相手がのろのろ運転をしたから懲らしめてやる」「隣に同乗している彼女に勇ましいところを見せてやる」「自分を追い越した車に、自分の運転テクニックを見せつけてやる」という瞬間的な欲求に従って行動しています。

煽り運転をした人の悲惨な末路を報道すべき

そこで、煽り運転で逮捕されて職を失った、恋人と別れた、懲役刑になった、破産した、二度と免許が取れなくなった、家族から勘当されたなどの自業自得な末路をもっと大々的に報道することで、煽り運転をしたい欲求を感じた瞬間に、「いや、それは割に合わないぞ」という風に本人が冷静になるチャンスを与えることができます。
また、事例としてはすでにあると思うので、煽り運転をしていたら自分が運転操作をミスして自損事故を起こして自分の車を失ったり、大けがをした、あるいは死亡した事例なども報道しても良いと思います。
煽り運転は一時的にスッキリすることよりも失うものが圧倒的に多いということを、煽る側の視点から紹介することも煽り運転撲滅には必要だと思います。

煽り運転はダサいというイメージ作りをするべき

それ以外にも「煽り運転=ダサい」というテレビCMを作って流行らせるのが、煽り運転撲滅に効果的だと思います。
昔、サッカーの前園選手が出演する「いじめかっこ悪いよ」というCMが頻繁に流れて、いまでもちょっとした流行語のように「いじめ=かっこわるい」というイメージ作りに貢献しています。
「薬物辞めますか、人間辞めますか」なんかも同じですね。
暴走族やツッパリ不良、チーマーなんかも当初は強くてイケてるイメージが多少はありましたが、今となっては嘲笑の対象で、パロディとして使われるレベルになっています。

煽り運転は滑稽だというイメージを定着させるべき

同じように、「煽り運転まだやってんの?」「煽り運転ダサくね?」「煽り運転するようになったらおしまいだね」(この辺の気の利いたキャッチコピーは、素人の自分なんかよりもプロのコピーライターの出番ですが)というキャッチーなフレーズで「煽り運転=ダサい」ことを強調するCMを作ることが必要です。
嘆かわしいことですが、子供までがそのキャッチフレーズを言うくらいに流行すれば、煽り運転をやっている人物は恥ずかしくなって煽り運転を自重するようになるはずです。

タイトルとURLをコピーしました